「法定相続人」って?
こんにちは。
相続アドバイザーブログ、金曜日担当の山口亜由美です。

おかげさまでバタバタと決まった今週末からの展示会
準備にも めどが付きました。
明日、29日(土)の午後からと、 30日(日)の終日は在廊予定です。
お近くにお越しの折には、お立寄りいただければ幸いです

 山口亜由美 山下江法律事務所 コラージュ 個展

 山口亜由美 山下江法律事務所 コラージュ 個展 

さて、今年1月に開始した相続アドバイザーブログも、私の更新で、
半年続いたことになります

読者の皆さまのご支援に改めて感謝いたします

そこで、振り返ってみるに、相続問題における基本中の基本の
話が少なかったと反省して、今日は、「法定相続人」のお話を。

法定相続人
 民法(第五編 相続 第二章 相続人)で定められた相続人です。

0.配偶者は常に相続人
 被相続人(財産を相続される人)に配偶者があれば、相続人となります。

 配偶者に加えて、相続人になるのが、

1.被相続人の子ども(第一順位)
 子どもがすでに死亡していて、孫がある場合には孫が子に代わって
相続人となります(代襲相続)。

2.被相続人の直系尊属(第二順位)
 第一順位で相続人となるべき者がいない場合に、被相続人の
祖父母など直系尊属が相続人となります。
※「なるべき者がいない」というのには、現に生存していない場合だけ
でなく、第一順の者が「相続放棄」をしたような場合も含まれます

3.被相続人の兄弟姉妹(第三順位)
 第二順位でも相続人となるべきものがいない場合は、被相続人の
兄弟姉妹が相続人になります。

 民法で定められている相続人は以上です。

 
山下江法律事務所の相続専門サイトにも説明がありますから、
ご参考になさってくださいね。
 ここには、もっと詳しく知りたい方のために、マイベストプロ広島
のコラム
へのリンクもあります。


 それでは、皆さま、今週も楽しい週末をお過ごしください! 

 

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/06/28 10:13] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
第4回はなまる♪エンディング実行委員会★ご報告

こんばんは 
相続アドバイザーブログ,水曜担当の黒田  文です♪

今朝,通勤時は大雨だったので長靴を履いてきましたが,

お昼には予報通り雨もあがりましたね

 

そんな中,本日のランチは今月20日にオープンした
アーバンビューグランドタワー1FのSUZU CAFEにて
相続アドバイザー主催のランチ会でした♪♪

はなまるランチ 

本日ご参加いただいたのは,
宅地建物取引主任者の(有)バースト菅泰晶さん,
佐渡司法書士事務所の佐渡哲洋さん,
メットライフアリコの木原貴司さん,
当事務所弁護士の榎本紀子,そして私。
(定員6名ですが,1名キャンセルにて本日は5名)


参加者のうち2名は私のお友達ですが,
これまで仕事の話を深くしたことはなかったので
そんな事をされていたのですね~
という驚きがあったり,

これから何らかの形で
提携ができるんじゃなかろうか?
と思ったりしました

それぞれ異なる分野の方々から,新鮮なお話が
聞けて楽しい時間でした。


今後のはなまる♪エンディング実行委員会は,
定員数を増やした夜のお食事会を検討していますので
近日中にまた案内させていただくと思います


先週金曜日のマイベストプロ広島の記事は
副所長 弁護士田中伸のコラムで遺言についてです。

ぜひご覧ください「相続(その4)」←こちらをクリック!


テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/06/26 19:22] | 相続アドバイザーからのお知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) |
子ども名義で親がこっそり預金、相続のときどうなる?

こんばんは!

相続アドバイザーの今井絵美です

富士山!!
世界遺産に登録決定しましたね

今回の世界遺産登録でどっと観光客・登山客が
増えるのでしょうから、これまで以上に環境保全、景観維持の
努力が必要になりそうですね

美しい自然絡みですが、週末、岩国の錦川のほとりで
をみました
星空のごとく・・・とまではいきませんが、
十数匹確認できたのと、
私の服について光ってくれるサービス精神旺盛な
蛍もいて、大満足でした

↓私の服にとまった蛍・・・分からないか(笑)

相続アドバイザー今井・蛍
---------------------------------
さて、今日は
「親がこっそり子どもの名義で残してくれた預金」「相続」
の関係についてお話します。

親が子どものために、しかも子ども自身の名義で預金をして
くれている・・・というのは決して珍しいことでは
ありませんよね。

親の愛情を感じる温かいエピソードでもあります

ただし!!
相続が絡んでくると、注意が必要なんです、実は。

Q:子ども名義で親がこっそり預金していた。
相続が発生したら、この預金は当然に名義人(子ども)の
ものになる?


:答えは、NO です。

判例税務調査では、単純に名義だけではなく実態で判断されます。

 ・子ども自身がその預金の管理をしていない(管理は親)
 ・そもそも口座の存在を知らない
 ・使用されている印鑑が被相続人(親)のものと同じ

・・・などの事情があると、預金名義が子どもになっていても
その預金は親のものとして扱われ、遺産分割の対象になる
可能性が高いといえます

相続人全員に、均等に自分名義の預金が残っていれば争いも
起こらないのでしょうが、現実はなかなかそうはいきませんよね

子どものためにこっそり預金をしているお母さん、お父さんは、
ぜひ、遺言エンディングノートの中で、その預金に込めた
想いを残していただきたいものです。

また、親の亡き後、自分名義の預金の存在を知った方は、
親の想いをくみとり、感謝をしつつも、
決してそれが残された家族の争いの種になることがないよう
他の相続人に配慮を
するとよいでしょう。

このようなケースのほか、以前弁護士の山口卓がマイベストプロのコラムで
「遺産分割の対象になるのかどうか」 問題になりやすいものを3つご紹介しています。
ぜひ、参考になさってください。
→弁護士山口のコラムはコチラ


さぁ、今週で6月も終わりですね!
・・・とういことは、2013年も半分おわり!?
・・・早い、歳を重ねるごとに本当に1年が風のごとく
過ぎていってしまう気がします。

一日一日を、大切にしなくては・・・

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/06/24 23:26] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
またまた個展!広島にて
こんにちは。
相続アドバイザーブログ、金曜日担当の山口亜由美です。

雨降りの続いた1週間、ようやく梅雨らしくなったんかねー?と
思いきや、台風の影響って  梅雨はどこへ?!


そんな先走り気味の天候の最中、私は無事東京滞在を終えて、
火曜日から通常勤務
水曜日には、一般社団法人きらりの理事として、また、
相続アドバイザーとして中国新聞文化センターにて、
終活セミナーの講師を務め、相続アドバイザーの活用方法を
伝授
して、とバタバタとしていたら・・・

木曜日の出勤中に私をNY個展に導いてくださった先生から電話!
なんと!この月末から、またしても個展!!

後援会が大慌てで、ご案内のはがきを外注している時間がない!!
ので、これまた、なんと!!!
 
コラージュ作品展 山口亜由美 山下江法律事務所    コラージュ作品展 山口亜由美 山下江法律事務所

自分で作っちゃいました☆
で、「料金後納」マークは、山下江法律事務所のロゴマーク 
  日頃、所長はじめ所員には、私のアーティスト活動に多大な
  ご理解とご協力をいただいています

会期は、6月29日(土)~7月4日(木)
場所は、粋楽[Suiraku]ギャラリー
     中区胡町4-24クリタビル5F
     (三越向かいの朝日生命胡町ビル隣)
時間は、10:00~18:00(最終日は14:00まで)デス

相続アドバイザーとしては、広島のみなさんに幸せな相続を!
と願って止まぬ山口は、アーティストとしては、
広島のみなさんにアートのある暮らしを!願っております

沖縄 石垣島 しまなみ海道 
↑東京からの帰り空港で思わず買いました
 目まぐるしく時間が流れる中、一級船舶免許の出番がない  

 それでは、みなさん、楽しい週末を

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/06/21 17:54] | 相続アドバイザーの日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「老後の不安を解消するエンディングノートの活用方法」セミナーに参加
こんにちは 相続アドバイザー黒田文です ♪
ようやく梅雨らしく全国的に雨の1日ですね 。

農家の方などには恵みの雨でしょうが,
レジャーやスポーツを予定していた方は
今日は泣く泣く中止ですね


さて先週,
プラチナ世代のための老い支度講座
家族が困らないための準備セミナー

  「老後の不安を解消するエンディングノート
  活用方法」に参加してきました

そこで紹介された
『マイエンディングノート』です

   マイエンディングノート
(株式会社マネーアンドライフクリニック制作・発行) 


現代社会において,なぜ終活やエンディングノートが
必要になってきたかというと,
 
 核家族で長寿社会になってきたこと。
 人生の最期を迎えるにあたっての選択肢が
 多様化していること。

できれば自分の両親にも書いてみて欲しいなとは
常々思っていたのですが,なかなか言い出す
きっかけがなく・・・


ふと父の日が近いことを思い出し,
プレゼントの甚平と一緒に渡してみよう
私もこのノートを購入しました


みっちり細かく書き込むタイプのノートでは
ないので,ちょっと面倒だなと思っている方にも
書きやすいと思います


まだまだ早いと思っていても,いつ何どき何が起こるかは
分からないので,一番大事なのは
元気なうちに!ですよ


[2013/06/19 16:47] | 相続アドバイザーの日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |
自分と向き合える場所??

こんばんは!
週の初めは相続アドバイザー今井絵美にお付き合いください

今週も、スカッとしたお天気で一週間がスタートしましたね

突然ですが、みなさんのおうちのトイレって、
どんなものを置いてありますか?
(トイレットペーパー、消臭剤など本来必要なもの以外で)

我が家のトイレには、

カレンダーもかねてこんなものを壁にかけています↓↓

相続アドバイザー今井・日々のことば


現パナソニックを一代で築き上げた経営者、
松下幸之助さんの残した言葉のうち31を
日めくり形式で楽しめるもの

なぜこのカレンダーがチョイスされたかというと、
さかのぼること30年前・・・

当時松下電器に勤めていた父が会社からもらって帰ったのが
この「日々のことば」(30年前バージョン)でした。

物心つくとすでに実家のトイレに飾ってあり、
まだ漢字が読めないころから、なんとなく目線のよりどころとして眺めていました。

だんだん意味が分かってくると、ある日突然、言葉が心に

刺さることも。

大学から実家を離れてからはすっかり忘れていましたが、
数年前、東急ハンズで売られているのをみて、
思わず「懐かしい~」と思い、衝動買い(笑)

最近、私の心にしみたものを一つご紹介。

「“自分の目で見よ 頭で考えよ
  

  概して、上司や先輩、あるいは専門家の考えには適切なものが多い。
  しかし、そうした人の話を鵜呑みにし、その考えに従っているだけでは、
  なんの面白みも感じられまい。
  人の意見は参考にしつつも、やはり、自分の目で確かめ、自分の頭で
  考えて行動してこそ、やりがいも生きがいも、そしてみずからの成長も
  生まれてくる
」    

毎朝、日付に対応した言葉をトイレでチェックし、
なんとなく「今日はこれを心がけるぞ」と考えて出かける。
家に帰って改めて今日のことばを振り返って、
自分を褒めたり、大いに反省したり(これがほとんど)するのが
私の日課です(笑)

トイレって、不思議な空間ですよね。
ふとわれに返る時間というか、自分と向き合う時間というか。
そういう空間だからこそ、よい言葉がより深く胸に刺さるのかも
しれません。

皆さんもこだわりのトイレでの過ごし方があれば
ぜひ教えてくださいね

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/06/17 23:12] | 相続アドバイザーの日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |
コラージュアートの世界「山口亜由美作品展」開催中★
こんばんは!
相続アドバイザーブログ、金曜日担当の山口亜由美です。

今日は、東京都府中市からお届けしています~

先週のブログで予告しました通り、
今週12日(水)から、伊勢丹府中店で私のコラージュ作品展
開催されています
私は、今朝、広島を発って、午後から会場入りしました

府中市は、東京都の中央に位置し、新宿や渋谷から鉄道で30分弱
の場所にあります。

大化の改新後、武蔵国の国府が置かれた由緒ある土地です


府中に到着後、会場である駅前の伊勢丹を通り過ぎ、
まずは、大國魂神社にご挨拶
府中  

曇り空と湿度の高さと相まって、何だか荘厳な雰囲気でした


伊勢丹に戻って、フロアガイドを見ると
山口亜由美コラージュ展 
私の作品展の案内も


NY個展の時には、いかんせんデビューだったこともあり
本人が事の重大性を理解していませんでしたが、
百貨店の作品展で作家として「先生」と呼ばれる今回
プロとしての自覚を新たにすることになりました

作品展に会場はこんなカンジ↓

伊勢丹府中店 コラージュの世界


舞台で照明を浴びて、作品は、私のアトリエにあった時とは
まったく違う表情で
キラキラ輝いていました

作品展は18日(火)16時まで
私は、17日(月)お昼まで会場におります

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/06/14 22:49] | 相続アドバイザーの日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |
第3回はなまる♪エンディング実現委員会☆ご報告

こんにちは

相続アドバイザーの今井絵美です。

今週は、水曜担当の黒田と交代してお届けしております♪

今日は、私たち相続アドバイザー主催のランチ会
「はなまる♪エンディング実現委員会」の日

お世話役は私、今井でございました


先月からスタートしたこの企画、どんなものかといいますと・・・

  • 毎月第2・4水曜日に、
  • 相続に関わるさまざまな分野の専門家の方と、
  • おいしくランチをいただきながら、
  • ざっくばらんに情報交換をする

                    というもの

         過去の開催はコチラ→第1回 第2回

今日の会場は、「スーツァンレストラン 陳」

山椒がピリリと効いた麻婆豆腐をいただきながら、
みなさまの日々の業務のお話がはじまると、
共感、質問、納得、関連の話題・・・と話が尽きません

各専門家の方の、相続業務についての「生の経験談」
というのは、山椒よりも刺激的でした

私たち相続アドバイザーは、相続に関わる各分野の知識を
広く学び、山下江法律事務所で日々相談の対応をさせて
いただいておりますが、相続の中でも関わる頻度が比較的低い
カテゴリというのはあります

このように定期的に各専門家の方から活きた経験談をきくことで
脳の奥にしまわれた知識が刺激され、
引き出しのすべりがよくなっていく気がしました

ほかの参加者の方からは相続アドバイザーの存在意義に
共感していただく一幕もあり、有意義な時間を過ごせたのでした

次回も楽しみです

「はなまる♪エンディング実現委員会」のランチ会に興味の
ある方、専門家以外でも、相続のことで学びたい、知りたい
という一般の方のご参加も可能です。
気になる方は、相続アドバイザーまでご連絡を

--------------------------------------------------------------
この週末は、久しぶりに故郷の愛媛・松山に帰省し、
小学校からの友人の結婚式に参加をしてきました。

四半世紀前からの付き合いになる幼なじみと再会し、
お酒を酌み交わしていると、すっかり自分は歳をとったと
感じる反面、中身はあまり成長していないような・・・と
複雑な気持ちになったのでした

↓梅雨空の下でスーパージェットからみる広島対岸。
相続アドバイザー今井・瀬戸内海

[2013/06/12 23:32] | 相続アドバイザーからのお知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『行列のできる法律相談所』でお勉強。 「香典は誰のもの?」
こんにちは ♪♪
今週は月曜と水曜の担当が入れ替わり
本日は黒田文がお届けします

昨晩の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系列)を
何気なく観ていると,気になる問題が出ていたので
紹介します

 
父を亡くした兄妹2人のケース。
 教師だった父は早くに妻に先立たれ
 男手一つで兄妹を育ててくれたが,
 貯金は全くなかった。

 そんな父に「少しくらいは財産残してくれよな・・・」と
 ぼやきながら葬儀費用200万円は喪主の兄が
 支払い,滞りなく葬儀を終えた。

 しかし,葬儀が終わると驚くべきことが
 香典が500万円もあったのです

 弔問に訪れた教え子は総勢1000名
 葬儀代を差し引いても,残りは300万円


 さて,この300万円は誰のものでしょうか
 喪主のもの? それとも兄妹で折半? 
      ちなみにこの問題,東大法学部卒で東進ハイスクール講師の
  林修先生は不正解でした・・・

 答えは,喪主のもの
  香典は亡くなった父に贈与されたものではなく,
  死者の供養,遺族への見舞いや葬儀費用軽減のため
  遺族の代表者(喪主)に対する贈与と解釈されます。

  プラスが出てもマイナスが出ても,
  兄弟仲良く負担したり,もらったりしようというのであれば
  最初から共同喪主という事にしておけばよかった
  ということになります。


財産は残していなかった父親ですが,
こんなに弔問に訪れてくれる教え子がいるなんて
これこそ,父が子に残してくれたものなのでは
ないかなと思います

何はともあれ,残された家族がもめることは
決して望んでいないと思うので,
亡くなった父親のことを思うと,
このケースも仲良く兄妹で折半すれば
いいのではないかなと思いました


   先週末の広島のお祭り『とうかさん』
   所長のブログでも紹介してましたが,
   私も浴衣で行きました
     所長山下江のブログは⇒コチラ と コチラ

  とうかさん2  
     とうかさん3

 

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/06/10 17:22] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
コラージュアートの世界「山口亜由美作品展」伊勢丹府中店
みなさん、こんにちは。
相続アドバイザーブログ、金曜日担当の山口亜由美です。

空梅雨で暑い日が続きますね
お天気が良いので、私はこの週末、久しぶりに
SUP(Stand Up Paddle)をしに川に出ることにしましたよ

私は、川に囲まれた広島で多くの人に
SUPに親しんでもらいたい
、 と思っているのですが、
この話はまた今度

さて、私がこの週末久しぶりにSUPができるのは、
タイトルにある来週開催の個展の準備が
めでたく本日完了
したからです

今回は、スケジュールがタイトで、できた作品を一つ一つ
撮影することができませんでした

その数24点!

額装時にメモ代わりに撮ったスナップ写真はその一部です↓
伊勢丹府中店 ギャラリー 個展

アーティストとして、百貨店で個展をさせていただくからには、
沢山売れてほしいのですが、日頃から応援いただいている
山口亜由美後援会の皆さま、広島の皆さまにご覧いただけ
ないのは、 いささか寂しくもあります

来週、お仕事などで東京にお出かけの方、
府中まで 足を延ばしていただければ幸いです

きちんと写真を撮れていたとしても、実物を観る方が
楽しいこと間違いなし
です 

個展の詳細は、
後援会運営のfacebookページをご参照ください

それでは皆さん、良い週末を!
来週は、東京の個展会場の様子をリポートしますね 



 

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/06/07 16:40] | 相続アドバイザーの日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |
祝☆サッカー日本代表W杯出場決定&相続相談先を選ぶ注意点
こんばんは 相続アドバイザー黒田文です♪

昨晩のサッカー日本代表の試合は
後半残り10分からしか見れなかったのですが,
この10分が劇的な展開でしたね

何はともあれ,ホームでワールドカップ出場
決めれて良かったですね


そして昨日,迷っていたけど,やっぱり
『ミシュランガイド広島2013』購入しました

ミシュランガイド広島2013 

美味しいもの,美味しいお酒に目がないので


さて,相続に関するお話ですが,
高齢化社会の中,終活ビジネスも盛況で
相続に関する相談先は士業を問わず,
様々な業種,会社があります。

ただし,扱える業務が法律で決められている事を
皆さま,ご存知でしょうか?


例えば,
「弁護士でない者は報酬を得る目的で
法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは
和解その他の法律事務を取り扱い、
又はこれらの周旋をすることを業とすることが
できない」
 (弁護士法72条抜粋)
これに違反する行為を非弁行為と言います。


「他人の求めに応じ,
税務代理・税務書類の作成・税務相談を行うこと」
は,
税理士の業務とされており
 (税理士法2条抜粋)
「税理士又は税理士法人でない者は,
税理士業務を行ってはならない」
  (税理士法52条抜粋)
 

また,税理士でも相続をほとんど扱ったことのない
税理士もいますので,選ばれる時は要注意です


ほかにも, 宅地建物取引業法に違反する
行為を行って業務停止を受けた会社も
あるようです。


当たり前ですが,私たち相続アドバイザー
法令順守で可能な範囲での相談や業務
お受けしています。


どこに相談したらよいか迷った時には
まず相続アドバイザー
とは,前にもお伝えしていますが,(以前の記事は⇒コチラ
私たちで扱えない業務や
専門的知識を要する場合は,
提携先を紹介させていただいたり,
相談に同席してもらっています。


相談先に迷われていたり,相続発生の前後に関わらず
分からないことがありましたら,まずはお気軽に
相続アドバイザーまでお電話ください

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/06/05 20:21] | 相続アドバイザーとは | トラックバック(0) | コメント(0) |
「おひとりさまの老後」
 こんにちは
相続アドバイザーの今井絵美です

今週もよいスタートをきれましたか?
一週間の始まりを、はなまるエンディングプラン
お楽しみください

先週のブログでは、娘の風邪をもらってしまい・・・
というお話をしましたが、まだまだ序章でした・・・

朝は熱が下がり、夜に跳ね上がる、の繰り返し
私たち親子v.s風邪の戦いは、金曜日までもつれ込み、
ギブアップ寸前・・・というところで、何とか風邪に
打ち勝つことができました

梅雨にはいり、湿度も気になりますね
ますます体調管理に気をつけていきましょう

-----------------------------

さてさて。

最近こんな本を読みました。

「おひとりさまの老後」

相続アドバイザー今井・おひとりさまの老後
 

“長生きすればするほど、みんな最後はひとりになる
結婚したひとも、結婚しなかったひとも、最後はひとりになる。
女のひとはそう覚悟しておいたほうがいい”

男女の平均寿命、子はいずれ独立することを考えると
至極当たり前のことだとは理解しつつも、
育児に偏りがちな脳みそには、かなりガツンときました。

本書の中では、この「おひとりさま」の時間を
悲観的にとらえるのではなく、
「待ってました!!」とばかりに楽しむための

・考え方
・必要な準備
・具体的なノウハウ

       が満載です


本を読み終えた後、少し自分が「おひとりさま」
になる日が楽しみ
に思えてきました


そうはいっても、「おひとりさまの老後」には
さまざまな不安や心配がつきもの・・・

広島には「おひとりさま」を応援する心強い味方が
いましたよね 
→「一般社団法人人生安心サポートセンターきらり」

また「おひとりさま」も当然、相続は他人事ではありません!
ご自身にもしものことがあったとき、これまで築いた財産を
どうしたいのか、しっかり考えておく必要があります。
このブログでも何度も登場している「遺言」「エンディングノート」
をしっかり活用しましょう

女性のみなさま、来る「おひとりさま」時代に向けて
備えも意識しつつ、「今」をしっかり楽しみましょうね

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/06/03 23:18] | 相続の書籍紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる