生前対策のイロハのイ「エンディングノート」

こんにちは!相続アドバイザーの今井絵美です

おかげさまで、まもなく一つ歳をとります

20代後半あたりから、歳を重ねることが心から
めでたいと思えない部分がありましたが(笑)、
今では健康にこの日を迎えられることに感謝を
するようになりました

この1年は、育児に七転び八起きの日々でした。
33年前、私も両親をこのように困らせて(?)
いたのかと思うと、親には本当に頭が上がりません…

先週は、一足先にお祝いをしていただきました!

相続アドバイザー今井・誕生日ケーキ 相続アドバイザー今井・プレゼント

いくつになっても、お誕生日を祝ってもらえるのは

とっても心がワクワクしますあらためて感謝!

----------------------------------------------

さて、先々週から相続の「生前対策」の基本について
説明をしてきました。

     →「『生前対策』ってそもそもどんなもの?」

      
→「【Part2】『生前対策』ってそもそもどんなもの?」

復習ですが、

  「相続って自分にも関係があるの?」
  「今からしておいたほうがいいことって何?」

という方には、まず「エンディングノート」がおススメです。

なぜかというと、相続対策には
「誰にでも当てはまるウルトラC」というような技は
ほとんどありません。

財産の総額、種類などによって細かく必要な対策が
分かれてきます。

だからこそ、まず

「自分の現状を正確に把握する」ことが大切なのです。

それをサポートしてくれる存在が、「エンディングノート」
です。

私自身、昨年エンディングノートを書きました。
そして、毎年誕生日の日に見直すことに決めたので、
今日、取り出して、中身を確認しました。
1年足らずの間で、新たに追記したいことがあり、

また修正すべき箇所がありました。

エンディングノートは、「まず書く」という ことが大切ですが、

「継続的見直し」をすることでその価値が発揮されると、

改めて実感しました。

また、財産関連のかなりデリケートな情報が集約された
ノートになりますので、保管にも相応の配慮が必要です。

これらのことに留意して、早速エンディングノート、
書き始めてみませんか??

[2013/09/23 23:14] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<相続アドバイザー養成講座 「家族信託を活用した相続対策」 in 大阪に参加 | ホーム | 中秋の名月、観月祭の奉納演奏>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/115-f6a1fffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる