相続税の計算(前編)

こんにちは。
相続アドバイザー黒田文です

台風24号は日本列島上を北上するのかと

思いきや、少し外れて日本海上を北上し
既に温帯低気圧へ。

想定していたより風雨の被害は少なく,

今朝の広島は晴れてなかなか暑いです

広島市内の空  
 今朝の広島市内


ここのところ、相続税の計算について

来週末に迫った上級相続アドバイザー試験の

必須項目でもあるため、総復習をしています

 

今日はその中から、相続税法上独自の考え方

計算上関わる豆知識について。


 

 【法定相続人】

相続税法上は,「相続人」「法定相続人」という

2つの概念があり、

「相続人」とは、民法に規定する相続人と同一。 

「法定相続人」とは、相続の放棄があっても、

なかったものとした場合における相続人。

 

 

 【法定相続人の数】

生命保険金・退職手当金の非課税限度額の計算や

相続税の基礎控除額、相続税の総額の計算上

使用します。


 

相続対策の一つに養子縁組がありますが、

この法定相続人の数に参入できる養子の数には

一定の歯止めがかけてあり、


 

参入できる養子の数は、

 実子がいる場合、養子1人まで、

 実子がいない場合、養子2人まで。

 

 

まだまだお伝えしたいことはありますが
長くなりますので、続きは別の回に

 

細かな相続税の計算やご質問は、

提携している税理士(相続税の神様!
と言われている先生)をご紹介しますので、
相続アドバイザー
お電話ください

 0120-7834-09(なやみよまるく) 






テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/10/09 10:39] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<相続財産は「切り離し」で残しなさい | ホーム | 家事の基本をバライティ番組から学んだ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/122-d58fd08c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる