遺言書は公正証書で残しましょう!
こんにちは。
あっという間に1週間!水曜担当の
相続アドバイザー黒田文です


12月並みの寒さが続いているので,
今日はダウンを着て出勤しました!
通勤時間は自転車で5分弱ですけどね

今朝,近所の郵便局員さん約20名が
近隣のゴミ拾いをされていたのを見て
私も前職では月1回やっていたのを
思い出しました。

地域社会に貢献できること,何か
私もやらなくては!

そう思って早速,
「フィリピン台風被害支援委員会」
義援金にわずかながら寄付しました。

先日の所長のブログでも紹介しています! 
  ☞「フィリピン台風被害救済活動に協力を!」


自分のことだけでなく,人のこと,
相手のことを考える,思いやる,
譲る気持ちは相続においても大切だと
私は思っています。

家族,兄弟間で揉めることは
悲しいことです。
きれい事かもしれませんが,
譲る心を少しでも持てれば何かが
変わってくると思います


さて,本題の公正証書遺言ですが,
現在,数件の作成をお手伝いさせて
いただいているので,少し豆知識を
お伝えさせていただきます。

 【公正証書遺言のメリット】
原本を公証役場が保管。
 隠匿や改ざんのリスクがない。

事情により遺言者が署名できない
 場合は公証人が付記し署名に
 代えることができる。

法律の専門家が作成するので
 法的不備はまず無い。

家庭裁判所での検認不要

健康面での理由で公証役場に
 行けない場合は公証人が出向いて
 くれる。

ただ,一般の方がいきなり公証人役場に
出向いて遺言を作成しようとしても、
なかなか難しい面があります。


 【弁護士に依頼するメリット】
相続人・相続財産調査を行った上,
 弁護士が遺言書案を検討する。

公証人役場へ提出が必要な書類の
 準備や公証人との打ち合わせを
 弁護士が行う。

法律に配慮して、分割方法を記載
 遺留分を侵害していないかの考慮が
 必要

遺言書は作成するだけでなく、
 確実に執行されることが重要です
 弁護士が執行者になり、遺言内容を
 確実に実現します

事務所相続専門サイトもご覧ください!

では,遺言書が絶対必要な人,
あった方がいい人など,
遺言書にまつわる豆知識はまた
別の回に詳しくお伝えしたいと思います。


寒くなってきましたが,先週末は
屋外でトレーニングでした!

広大跡地1 
 千田町の広大跡地にて

広大跡地2
 
  ピクニックしている人の姿も♪

基本的に屋外で,季節の空気を感じながら
時には芝生の上に寝転んで,
空を見ながら汗を流しています




 

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/11/20 15:14] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<遺産分割協議書には何を書けばいいの? | ホーム | お財布の中に3人の「彼」。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/140-87399181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる