家族が集まるときにしておく3つのこと。
こんにちは!相続アドバイザーの今井絵美です

12月27日(金)の仕事納めから、早2日。
9連休といっても、休みがあったらあったで予定を
詰め込んでしまうので、あっという間に過ぎ去っていくのです…

私の年末年始は、もっぱらジジとババたちに孫を見せるために
中四国をぐるぐるします
相続アドバイザー今井・年末 
--------------------------------------------------
さて、年末年始で、久しぶりに家族が全員揃う、
という人は多いですよね

いつかかならず自分に降りかかる相続をより円滑にするために
家族が揃うときにぜひ心がけたいことをまとめました。

1.お互いの配偶者を交えて昔話をする
  相続が、“争族”になる大きな原因の一つに、配偶者が
  話をこじらせる、という現象があります。
  実の兄弟であれば多少の不公平も目をつぶることができても
  配偶者は納得できない、ということが往々にしてあります。
  家族が集まる年末年始に、ぜひ配偶者も交えてしっかり
  昔話をして家族の思い出を共有していきましょう。
  お互いの配偶者との関係を良好にしておくことは、
  相続においてもとても大切なことです。

2.親・兄弟のライフプラン・キャリアプランを確認し合う
  親や兄妹が、ゆくゆく「どこで」「どのような」生活を送りたいと
  考えるのか知っておくことは相続に備える上でも重要です。
  
3.親の介護が必要になったときや、万が一の時の希望を聞く
  「まだまだ先のこと」という年代の方も多いかもしれませんが、
  そういう現実味のないときのほうが軽く話題にしやすいので
  ぜひ親の考えを聞いておくとよいと思います。
  実際、要介護になる要因は必ずしも年齢に比例したものばかりでは
  ありません。
  万が一のことは突然やってきます。そうなってからでは、
  いくら知りたくても親の本当の気持ちを聞くことはできないのです。
  
少し、抽象的な話が多くなりましたが、一番お伝えしたいのは、
「日常の家族間でのコミュニケーションが大切」ということです。
年末年始、ちょっと意識して、家族と普段しない話をしてみませんか
----------------------
2013年は相続アドバイザーとして本格始動をした年です。
自分にとってとても大きな1年になりました
支えていただいたすべての皆様に感謝いたします

それでは、みなさまよいお年をお迎えください



テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/12/30 23:01] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<あけましておめでとうございます♪ | ホーム | 2013年、相続アドバイザー10大ニュース★>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/157-2f74cc76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる