宅建免許更新講習より、不動産税制のまとめ
こんばんは。
相続アドバイザーブログ、金曜日担当の山口亜由美です。

今日は、一日「宅地建物取引主任者法定講習」に行っていました。
宅建免許は5年ごとの更新で、更新の際には講習を受けねばなりません

今日は、9:40~16:35まで、
 ・不動産税制 ・都市計画法 ・建築基準法 ・宅地建物取引業法
のほか、不動産取引における紛争事例など、最新の情報を学んできました。

  
宅建 更新 講習

特に不動産税制は、相続税対策にかかわる話も多くあったので、
せっかくですから、ココで皆さんにシェアしますね

まずは不動産の相続税評価額はおおよそいくらになるか?

ざっくりと目安を知るには、 
 
 相続税評価額=時価×0.8
 固定資産税評価額=時価×0.7より
 
相続税評価額=固定資産税評価額×1.15

固定資産税評価額は、役所から送られてくる固定資産税納付書に
記載
されています。


次に、相続時精算課税制度について

この制度、結局はこの制度を利用して贈与を受けた場合、2500万円まで
非課税ですが、相続が発生した際に、この時に贈与財産が相続財産に
計上されます。

それじゃぁ、贈与を受けると受けないで何が違うのか?

相続税に計上される贈与財産は、評価額が贈与時の価額になるので、
明らかに価額上昇が期待される(近くに駅ができるなど)不動産の場合に
有利
になります

この相続時精算課税制度は、現行では、贈与者の年齢要件が65歳以上、
受贈者は推定相続人のみですが、平成27年1月1日以後の贈与から、
贈与者の年齢要件が60歳以上に引き下げられ、受贈者の範囲に20歳以上の
孫が追加
されます。

この制度を活用できる人が増える!という訳ですね


最後に、
住宅取得等資金の贈与税の非課税は、今年が最終年です
こちらは、住宅の新規取得以外にリフォームも対象になりますので、
ご検討してみてください

講習時間5時間半におよぶ長丁場でしたが、ランチタイムには会場近く
(普段はなかなか行く機会がない)の名店で美味しいサンドイッチとコーヒーを
いただきながら、クラシック音楽に浸るという幸せな時間
を過ごしました 

  
てらにし珈琲 本店 宝町 カナディアンセット 

てらにし珈琲本店のカナディアンセットでございます


それでは皆さん、楽しい週末をお過ごしください 














 



テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2014/01/24 18:34] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<2つの「放棄」~相続放棄と遺留分の放棄~ | ホーム | 相続にも大いに関係するDNA鑑定,司法,異例の判断>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/169-aa8e8bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる