DNA鑑定って絶対なの?
こんにちは。
相続アドバイザーブログ、金曜日担当の山口亜由美です。

ソチオリンピックがいよいよ開幕ですね。

昨日、今日の広島は、市内でこんなに雪を見るのは久しぶり、
といった空模様ですが、今後、冬季五輪ピックの開催地は、
地球の温暖化の影響で、激減
していくと予想されているとか

温暖化の影響って、こんなところにも出てくるんですね。


さて今日は、最近何かと世間で話題になっていて、このブログでも
黒田文が取り上げた「DNA鑑定」について考えてみようと思います。
  黒田のブログ↓
  「
相続にも大いに関係するDNA鑑定,司法,異例の判断

DNA鑑定というと、なんだか個人を特定するための逃れられない
決定的科学的証拠!
みたいな印象ありませんか?

私は大学の農学部での基礎実験で、DNAを用いた植物の同定
したことがあります。

大学の実験で経験した、と言えば、なんだか大層なもののようにも
聞こえますが、やってみれば意外と簡単というものです

ネットで調べてみればわかりますが、「ふわふわとした白い糸」
のようなDNAを取り出すまでは、小中学生が家でもできる作業です。
(「DNA抽出」などで検索します。)

では、その先の同定が大変なのか、と言うと「専用の器具」が必要
というくらい
(しかも学習机程度のスペースでできる)と言った具合です。

鑑定の場合では、用いる資料(サンプル)に限りや制約があるので、
精度と信頼性の問題に行き着きます。

赤ちゃんの取り違いは起こるけど、DNAサンプルの取り違いは
起こらないとは言い切れないでしょうし、サンプルが微量なだけに
意図的にすり替えるのも細工をするのも容易かもしれません

最高裁判所に設置されている司法研究所が昨年3月に刊行した
科学的証拠とこれを用いた裁判の在り方」では、DNA鑑定にも
触れ、事実認定において果たす役割と限界を明確に意識しておく
ことが最も重要
としています。(骨子は
コチラ

再現性のある科学的データは客観的と言えるかもしれませんが、
それを解釈するのは人間です。

人と人との繋がりの中で、問題の多くが解決できるといいですよね

 

今週のランチは人に会いまくり、場所はすべてアーバンビュー・
グランドタワー内

   
Suzucafe 天一 四川飯店陳

上から、SUZUCAFE、天一、四川飯店陳デス。


それでは皆さん、たまの寒さも楽しい週末をお過ごしください


テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2014/02/07 13:38] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<リバースモーゲージ、広島でも。 | ホーム | 相続で必ず必要になる戸籍について part2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/175-fd81ed8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる