遺産分割、いつの時点の価値で考えるの?


こんにちは、相続アドバイザーの今井絵美です

広島では、が凄い勢いで花開いています

週末に花見を計画しているので、もっとのんびり
咲いて欲しいです
相続アドバイザーいまい・桜

明日から消費税8%ですね

払う側としても、受け取る側としても、

5%と8%が混在する間は混乱しそうですね。

山下江法律事務所でも、4月1日からの法律相談料は、

30分につき5250円(税込) → 5400円(税込)になります。
(一部例外あり)

-------------

今日は、相続の場面における財産評価の基準時についてお話します。

 (例)
 1年前に亡くなった父の遺産分割。
 相続財産は、自宅の土地建物のみ。相続人は、子3人。
 自宅は長男が相続して、残りの兄妹に代償金を支払うこと
   になりました。
 ところが、東京五輪招致の影響で、土地の価値が急騰。
 代償金を算出するために、自宅の価値を評価する必要が
   ありますが、いつの時点での価格で考えることになるのでしょう?

 相続発生時の価値 < 現在(分割時)の価値 という事例です。

代償金を支払う長男の立場からすれば、不動産の価値が高いと
代償金も高額になるのでつらいですね。
代償金を受け取る残りの兄弟は、不動産が高く評価されれば、
受け取る代償金も多くなるのでうれしいですよね。

上記の場合、実務では「遺産分割時」を基準時としています。

しかし、何でもかんでも「遺産分割時」が基準になるわけではありません。

特別受益」や「寄与分」が問題になる場合は、
「相続開始時」の評価も必要になります。

また遺留分算定については、「相続開始時」を基準に算定します。

少し複雑なお話ですが、基準時をいつにするかで、大きく遺産総額が
変わってくるケースもあるので、慎重に判断してください。

不安なことがあればいつでもご相談ください

---------------------

みなさん、日用品の衝動買いはすませましたか?
明日は、新年度、新税制、入社式など、「スタート」という
言葉がぴったりの日になりそうですね!

私も、心機一転、新たな気持ちで業務に取り組みます

 

 

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2014/03/31 23:52] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<『財産別 贈与のしかた・もらい方』 | ホーム | 相続アドバイザー山口亜由美、ラジオ出演のお知らせ(^^)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/197-8d4b917f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる