遺言にかわる選択肢「遺言代用信託」

みなさんこんにちは。山下江法律事務所の相続アドバイザー、
今井絵美
です

学生のお子さまがいらっしゃるご家庭では、
夏休みの宿題に追われている、なんて方もいらっしゃる
でしょうか。
(私はそのタイプでした

残り一週間でラストスパートをかけていらっしゃる
学生の方に、ささやかながらエールを送ります・・・

-----------------------------

さて今日は、「遺言代用信託」をテーマにお送りします。

「遺言代用信託」とは、これまで“遺言”が担ってきた
一部の機能を、信託契約を利用して実現できる仕組み

いいます。

遺言代用信託のメリットを先に簡単にお伝えしますと、
 契約なので遺言の形式に従う必要なし
 後見制度の役割も担うことが可能
 二次相続の指定が可能
  (例:自分が死んだら妻へ、妻が死んだら甥へ)

などがあります。

まず、家族信託の仕組みと登場人物についておさらいです。

家族信託とは、文字通り、「信じて託す」仕組みのことを
いいます。

登場人物は以下の通りです。

 ①委託者受託者に財産を託して、管理・運用・処分などを任せる
 ②受託者…信託契約に従って受益者のために信託財産を管理・運用・処分する
 ③受益者…利益を受けると同時に管理・運用状況などをチェックする

上記を前提に、「遺言代用信託」は次のものを指します。

 (1)委託者の死亡時に受益者となるべきものとして
    指定されたものが受益権を取得する旨定めのある信託
 (2)委託者の死亡時以後に受益者が信託財産に係る
    給付を受ける旨定めのある信託
                (信託法第91条1項)

たとえば、他人に財産を信託しておいて、自らの生存中は、委託者自身
受益者としておき、死後は、配偶者や子どもなどを受益者にする
といった信託が典型例です。

さらに詳しい説明は、来週に。

---------------

夏も終わりですね。

残暑を楽しみましょう!


[2014/08/25 23:49] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<きらりプラチナサロンセミナー報告☆ | ホーム | 出張相談会と、 第20回はなまる♪エンディング実現委員会のご報告!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/264-c80d2388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる