遺言にかわる選択肢「遺言代用信託」【最終回】

 みなさん、こんにちは。
山下江法律事務所相続アドバイザーの今井絵美です

今日は晴れて月もきれいでしょうね

-------------

さて本日は、遺言代用信託シリーズ最終回をお届けします。

これまでの記事はコチラから→ 【その1】 【その2

遺言代用信託のメリットをPart1で3点挙げました。

  契約なので遺言の形式に従う必要なし
  後見制度の役割も担うことが可能
  二次相続の指定が可能
   (例:自分が死んだら妻へ、妻が死んだら甥へ)

最終回では、3つめに「二次相続の指定が可能」について
詳しく説明をしていきますね。

正確には、「後継ぎ遺贈型受益者連続信託」といいます。

これは、現在の受益者の受益権を、受益者の死亡により、
あらかじめ指定した人に順次承継させる信託契約です。

たとえば子どものいない夫婦。

夫は、自分亡きあと、妻が安心して暮らしていけるよう、
すべての財産を妻に相続させたいと考えています。
これは、遺言書を作成しておけば問題ないでしょう。
では相続財産の中に、夫の家系が先祖代々引き継いできた
土地が含まれている場合を考えてみましょう。
遺言書により、妻に全財産が帰属した後、次に妻が
亡くなれば、夫の先祖代々の土地は、妻の親族側に
帰属してしまうことになります。

それは避けたい、という場合に有効なのが、
後継ぎ遺贈型受益者連続信託」なのです。

つまり、第二受益者第三受益者と指定することで、
先祖代々の土地を夫側へ遺すことができるのです
これは、遺言書では実現できません

後継ぎ遺贈型受益者連続信託を用いれば、30年にわたり受益者の
指定が可能となるのです。

いかがでしょうか。

遺言代用信託について、3週にわたって考えてきましたが、
やはり、まだイメージしにくいものではないでしょうか。

信託というのは「契約」なので、かなり内容について
自由度が高いです。それはメリットでもありますが、
多くの人にとっては逆に「何ができるのか分からない
ということになりかねません。

ここで、信託でできることをすべてご紹介することは
不可能ですが、少しでも「可能性」を感じていただき、
もう一つの選択肢として、検討をしてみませんか。
詳しい話を聞きたいという方は、ぜひご相談ください。

------------------
今日、お風呂で娘が突然、

「のんちゃん、おかあさんが大好きなんじゃ~ 」

と言ってくれました。
知ってましたが(笑)まだカタコトのおしゃべり
しかできない時期に、はっきり伝えてくれたことが
とてもうれしかったのです。
ちょっとほろりとしかけたところ、間髪入れずに、

 「のんちゃん、ケータくん大好きなんじゃ~」

…ケータくんというのは、大人気アニメ「妖怪ウォッチ」の主人公。

…そこ、並列なのね

その後も、シンデレラ、継母、白雪姫、ゴーテルとディズニーキャラが
続々登場。まぁ、最初におかあさんが出てきたから良しとしよう

今週は久しぶりにいいお天気が続きそうですね。
おだやかな1週間になりますように。

相続アドバイザー今井・仲良し親娘
 

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2014/09/08 23:30] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<英語留学でダイエット!? | ホーム | 縄文村でデトックス(^^)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/267-2a67f1be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる