【ゼロから学ぶ家族信託シリーズ~その2~「信託の種類」】

 

みなさん、こんにちは。

山下江法律事務所相続アドバイザーの今井絵美です


先週から始まった「ゼロから学ぶ家族信託シリーズ」。

今日は、その2「信託の種類」をお届けします。


信託」と聞くと、「信託銀行」を連想する方が
多いです。

もちろん、間違いではありません。

信託は、「民事信託」と「商事信託」に分類
することができます。

信託銀行の業務は、「商事信託」に分類されます。


どういうことかというと、
信託業法によると、「信託の引き受けを営業」として行おう
とする場合には、免許が必要となっています。

「営業」とは、

 ・営利を目的として
 ・不特定多数の者を相手に
 ・反復継続して行われる行為

 を意味します。

信託銀行では、信託の仕組みを活用したさまざまな
商品が用意されていますが、当然、それらを活用する
ためには費用がかかります。

一方、民事信託は、

 ・営利を目的とせず
 ・特定の人から
 ・1回だけ

信託を受託する場合をさし、免許は不要です。

家族信託」は、「家族型の民事信託」という前提
で解説を進めていきます。

つまり、信託銀行を介さずに、家族内で困りごとを解決
する手段として信託の仕組みを活用していく
ための
お話です。


民事信託商事信託の違い、イメージができたでしょうか。

信託銀行を活用するのは、相応の財産がある方、という
イメージがあるかもしれませんが、家族信託は、
財産の多い少ないに関係なく、活用が有効なケースが
あります。

今日はこのあたりにして、次回は家族信託の典型的な
事例を挙げて、そのメリットを説明します。

お楽しみに。

--------------------------

週末は、料理研究家の友人に誘われてお料理教室に
行きました。

ローフード」つまり、果物や生野菜などの「生」の食材
を中心に摂取することで、健康と美容を適える、という
コンセプトでした。

相続アドバイザー今井・ローフード

食べるの大好きな私は、「果物や野菜は好きだけど、
果たしてそれだけでおなかいっぱいになるのか・・・」
と正直不安でしたが、あら不思議

食事の最初に、スムージーを1杯飲むと、それだけで
すでに満腹感が

その後もイタリアン・ロー寿司といって、ご飯のかわりに
「サーモンパテ」と呼ばれるペースト状のものと野菜を
まいて食べるものもいただいたのですが、

これがまた、味が絶品なので食が進み、野菜だけで
おなかがいっぱいになり、メインのおかずがお腹に入らず
お持ち帰りすることに

不思議な体験をしました・・・

これを機に、朝は、早速スムージーにかえてみました。

どのような変化があるか、楽しみです


 

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2014/12/08 23:26] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<酷寒、淡路島ツーリング☆ | ホーム | 12月は「相続」がテーマ!FMちゅーピー「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談~」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/306-dbede5e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる