住宅着工数の増加と相続の関係
こんにちは。
相続アドバイザーブログ、月曜日担当の山口亜由美です。
GWまっただ中、皆さんはいかがお過ごしですか?

 私のGWは、昨年同様、大家族旅行。

  →兄弟仲は良くても価値観は違う

 その前後、全然違う場所で、広島では会うことのない友達に
会いに行く、というもの。
 なかなかシビアなスケジュール管理が必要です

*************************************** 

 さて、今日の本題。
 私は、日経新聞のweb刊を購読していて、いつも相続関連
記事を検索機能を利用してチェック
しています。

 先週のブログでも書きましたが、最近は昨年に比べると 
相続関連の記事が少なくなった
のを感じます。

 そんな中で、最近見つけたのが、今日のタイトル
 住宅着工件数の増加に相続対策が影響した、というもの
でした

 住宅着工件数と言えば、代表的な経済指標の一つですが、
国土交通省の発表によると、3月の新設住宅着工戸数が
前年同月に比べ0.7%増えた
のだそうです。
 0.7%・・・何だか増えたのか増えてないのかわからない位
ちょっぴりな気もしますが、消費税増税の際の駆け込みの
反動で持ち家の着工数が減っていることを考えると上出来
のようです。

 では、何が増えたのかというと、貸家が4.6%増で、相続税
対策による投資の影響
だとか

 相続と経済指標との関係について考えが及んだのは私も
初めてでした 

*************************************** 

 広島のソウルフード、お好み焼き
 自分の定番があると、なかなか違うメニューへ冒険、という
こと無くないですか?

 私は以前、大学の先輩が広島に来た時に、お好み焼き屋に
案内したらご馳走してくれる、と言うので、ここぞとばかり
普段は絶対に食べない「○○スペシャル」ってのを食べました

 先輩に「そういうの食べるんだ~」と言われて、「ご馳走して

もらえるからに決まっとるじゃないですか、普段食べませんよ。」
と応えて相当笑われましたけどね

    社長夫人 お好みハウスいさご 広島市中区西十日市

 写真は西十日市は「お好みハウスいさご」の「社長夫人」
壱千円也。

 何で食べたかって?・・・内緒

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2015/05/04 09:57] | 相続の時事ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<「どうして○○なの?」 | ホーム | 5月9日(土)11:00~「驚き桃の木ナオキの樹」に出演!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/368-7ca09fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる