相続財産、現金と預金の違い
こんにちは。
相続アドバイザーブログ、月曜日担当の
山口亜由美です。

 夏らしい日和になってきましたね~
 我が家の夏の風物詩、甥姪(3~10歳)全員集合!
今日から始まります

 本日、仕事を終えて家に帰ったら、どれほど騒々しいことに
なっているのか、楽しみでもあり、恐ろしくもあり・・・

*************************************** 
 さて今日は、相続財産の中での現金と預金の取扱いの違い
について

 今のご時世、普通預金であれば、ATMでいつでも簡単に
引き出せる
ので現金との違いって、そんなに感じませんよね

 しかし、現金と違って「預貯金がある」ということは、金銭債権
(払戻の請求権)という「権利がある」ということ
なので、これが
相続の場面では、相続開始と同時に各相続人に法定相続分が
当然に分割
されます。

 借金などの債務が当然に分割されるのと同じです。

 一方、現金は と言いますと、動産と同じ扱い で、遺産分割の
対象
になりますので、相続人は、法定相続分に応じた引渡しを
求めることはできない
とされています。

 相続財産 ≠ 遺産分割の対象なのです!

 遺産分割協議によって、遺産分割の対象にすることはできる
のです。 

 うーん、何だかややこしいですね

 現金と預金の違いだけじゃなくて、電子マネーについて
考える日が来るのも、そう遠くはなさそうですしね
 
 普段何気なく「これって、こうよね?」と思い込んでいることが、
法律で定められていることとが違う
、っていうコトはママあります。

 相続のコトで「え~ッ、わからん!」っていうコトがありましたら、
迷わず、相続アドバイザーにお尋ねくださいませ


*************************************** 
 先週土曜日は、先のブログもし、あなたの年収が1億円だったら
でもご紹介した
  大崎上島でのサイクリングイベントHappy ライド 2015
のため、早朝から大崎上島へ行ってきました。

 約100名の自転車乗り達が、大崎上島を自転車で
走り、大崎上島の住人にクイズのヒントをもらいながら
神社を巡ってスタンプを集めるというもの



    
Happy Ride 2015

 私は、大崎上島のお母さん達がつくってくれた貝殻のお守り
(参加賞)に、ほんのり香を付けさせていただきました

   
大崎上島

 受付のお仕事などを終えたら、イノシシ肉のカレーや
スイカ、BBQなどを堪能
 生バンドの演奏やら花火まで、島時間を満喫しました

 皆さんも一度、大崎上島に遊びに来てくださいね




テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2015/08/03 13:53] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<エンディングノートの季節♪ | ホーム | 「せこへい美術館」に出品(^^)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/408-0e3544d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる