婿養子は遺産狙い?ドラマ『遺産争族』vol.2解説。
みなさんこんにちは。

はなまるブログ水曜日担当の
相続アドバイザー今井絵美です




ドラマ「遺産争族」

o0640055013462891323.png 



今回も向井理から目が離せなかった
今井です



『遺産争族』第2回目。


早くも,遺産を巡って
それぞれの思惑が錯綜し
始めてますね。



魑魅魍魎(ちみもうりょう)。


臨戦態勢(りんせんたいせい)。




おもしろくなってきました



ドラマを楽しむのは
もちろんのこと、


実際にも役に立つポイント


を押さえて,

一石二鳥といきましょう



①「婿」=『婿養子』じゃない


ドラマの中で,向井理演じる
育生は,河村家に婿に入った
という設定になっています。


しかし




「婿入り」「婿養子」
同じではないんですよ



混同されることがあるので
説明しましょう。



チェック妻の苗字を名乗る


チェック妻の実家に同居する
(サザエさんにでてくる「マスオさん」は
 同居はしていますが、苗字は夫の「フグ田」です)


この状態を指して
「婿入り」といわれること
がありますが、
これだけでは、

「婿養子」ではありません




『婿養子』というのは,


結婚すると同時に
夫が妻の親と
「養子縁組すること」

を指します。



婿養子になった夫は
妻の両親の相続人となります。


ドラマに置き換えると、
育生が河村家の婿養子になると


妻・楓の両親

陽子

t01210197_0121019713470043725.png




恒三

t01200188_0120018813470043727.png


の相続人になるのです。


かといって、

t01210192_0121019213470043726.png


実の母・華子の
相続人としての地位は
変わりません。



ただし、
現時点では、婚姻届すら
提出されていないので、

河村家と育生は
法的には、全く赤の他人ですが



でも


ドラマの中で問題になっているのは
妻の両親ではなく、

妻の祖父龍太郎の相続。

t01320196_0132019613462943143.png


ポイント二つ目は




②養子縁組と相続


葬儀業界トップの
カワムラメモリアルの
創業者・龍太郎の
資産総額は



10億円



法定相続人は、娘3人。

t01210197_0121019713470043725.pngt01200191_0120019113470052512.pngo0127019613462925684.png



でも、


龍太郎が相続させたいのは、

孫・楓の夫である育生。

t01480226_0148022613470043728.png



でも、今のままだと、
遺言書で、


「育生にすべて遺贈する」

と書いても、


娘3人が遺留分(いりゅうぶん)※の
主張をしてくれば、


財産の半分はもっていかれる
可能性があります



※遺留分:
遺言の内容に関わらず

最低限保障された取り分
通常、法定相続分の半分



それを防ぐために、
弁護士が提案したのが、


龍太郎と育生が養子縁組
をすること。


t01320196_0132019613462943143.pngt01480226_0148022613470043728.png



養子縁組をすると
何が変わるのでしょうか?




まず、育生は法律上

龍太郎の子となり、実の娘

3人と同じ権利を持ちます。




つまり法定相続分

一人4分の1ずつとなります。




遺留分はさらにその半分の

一人8分の1




実の娘3人が全員遺留分を
主張しても

全体の8分の3、という
ことになります。




さらには、実の娘3人は

生前に龍太郎から

多額の援助を受けている模様。




特別受益※のハナシも持ち出して

限りなく全額に近い遺産を
育生に相続させる遺言書を
作成するのでは…


なんて予想しています。



※特別受益とは
http://www.hiroshima-sozoku.com/600/



次回はとうとう向井理演じる「育生」の
口からあの定番のセリフが聞けますよ。



「実家に帰らせていただきます」


どんな展開になるのか,
楽しみですね♪




今日のまとめ

婿と呼ばれるものにも

 種類がある。

 夫が義両親の相続人になるのは

 『婿養子』
場合のみ。


本来の相続人以外の人に

  全財産を引き継いで欲しい場合、

  養子縁組という選択肢がある。



こちらのセミナーもぜひチェックしてください↓↓

★毎月15日は相続セミナーの日★
「自宅(実家)を相続の火種にしないために」

   ~遺言・信託・贈与のメリットとデメリット~

講師 相続アドバイザー 今 井 絵 美


日時 11月15日(日)

  10:00~11:30


場所 山下江法律事務所
    広島市中区上八丁堀4-27
    上八丁堀ビル703
    
https://goo.gl/43Phy5

参加費 1000円

※ドリンク・お菓子を用意しています。

お申込は下記フォームから
こちら
https://goo.gl/JyEjpU
[2015/11/04 18:10] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<HPがリニューアルしました! | ホーム | 今年もあります「大イノコ祭り」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/448-eafeabcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる