HIROSHIMA飲酒運転ゼロPROJECT
こんばんは。
相続アドバイザーブログ
月曜日担当の山口亜由美です。

 この三連休、お天気に恵まれましたね
 皆さん、いかがお過ごしでしたか?

 私は、今日は廿日市の山間にある
父の城で久しぶりにのんびり
過ごしましたので、遅い時間の投稿に
なりました

 畑で育っている白菜は芯まで自由奔放に
伸び伸び
と育った感じがたまらなく可愛いです

  
広島 白菜

 同じく畑で採れたネギと一緒に鍋にして
美味しく頂きました
  
広島 白菜鍋 
  
 ところで、
HIROSHIMA飲酒運転ゼロPROJECT
ご存知の方は多いのではないでしょうか?

 プロジェクト団長である元カープの
前田智徳さんがブルーのリストバンド
着けて中国新聞で飲酒運転の根絶
訴えていらっしゃいますよね。

 私は、飲酒運転の撲滅を訴える
社会的機運を「良いことだ」とは
思っていたのですが、そのプロジェクトが
広島で起きている理由を知りませんでした

 昨日、
NPO法人瀬戸内サイクルメディア主催の
飲酒運転ゼロPROJECTサイクリング2015
参加したのは、かねがねちょっと
気合の入ったサイクリングをしてみたい、
と思っていたところ、
友人のサイクリストが誘ってくれたこの日が
丁度空いていたからです。

 むろん、飲酒運転の撲滅には以前から
関心がありました。

 トラック運転手が起こした
飲酒運転事故に業務上過失致死傷罪しか
適用されていなかった1999年に
愛娘を二人亡くされた女性は
私の大学院時代の研究室の先輩だったからです。

 私はその先輩を
直接存じ上げませんでしたが
研究室の先生に、その先輩の活動により
険運転致死傷罪が刑法に新設された
ことを教えて頂いていました。

 ですから、サイクリングついでに
飲酒運転の撲滅イベントに参加できるな
ら一石二鳥!とは思いつつ、
飲酒運転の撲滅にサイクリング??
と思いながら当日を迎えたのでした。

江田島サイクリングロード

 当日の開会式で、私は
HIROSHIMA飲酒運転ゼロPROJECT
を理解することになりました

 自転車で帰宅途中の高校生を
飲酒運転の事故で亡くされたお母様の
お話を聞くことができたからです

 飲酒運転の厳罰化が実現して
減少しても未だゼロにはならない
飲酒運転

 加害者は当日の自身の行動を
後悔こそすれ、それが身の甘え
起因することに気付けていない・・・

 飲酒運転をしても事故を起こさなければ
結果オーライなのではなく
飲酒したら絶対に車に乗らないというのは
罰が有るか無いかの問題でもなく
本人の生き方を示す選択なのだ、
ということ!

 昨日、ただサイクリングをしたかっただけの私が
思いがけない学びの機会を得て
人とのご縁に改めて感謝したのでした

瀬戸内サイクルメディア飲酒運転ゼロPROJECT



テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2015/11/23 23:44] | 相続アドバイザーの日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ドラマ「遺産争族」に学ぶ、緊急時の遺言。 | ホーム | 経済レポートの表紙に相続アドバイザー山口亜由美が登場♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/455-cf1817f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる