相続争いは前倒しで・・・
みなさんこんにちは。

はなまるブログ、水曜日担当の
相続アドバイザー今井絵美です




クリスマスが近づき、


2015年も終わりが近づいているというのに…


暖かいですね…


寒すぎるよりはいいですが、


いまいち年の瀬の実感が
沸かない今井です。


クリスマスに向けて
気持ちを盛り上げようと、


手作りで

クリスマスリースを作る

講座に参加してみましたよ


私の作品はコチラ↓↓

IMG_3371.jpg 


性格が出ますね(笑)

決して丁寧な仕上がりでは
ないですが
なかなか味があって
いいでしょ。


同じ素材を使っているのに、


人によってかなり雰囲気が
違いました。


同じ素材を使っているのに
面白いんです。


相続も同じ。


同じ家族構成でも


遺産総額が同じでも。

家族の数だけ相続の形が
あります。


話題のドラマ「遺産相続」
はいよいよ明日が最終回。


o0640055013462891323.png


河村家の相続は一体
どのような結末を迎えるのか
楽しみですね。


ドラマということで
揉めに揉めた様子が
派手に描かれているため、


争族の失敗例のようにも
見えますが、


実はそうではないと考えています。


すべての衝突は、
お父さんが生きている間に
起こっています。



被相続人が生きている間の
相続争いは、相続発生後に
比べると
解決の糸口があることが多い
のです。


親(被相続人)が生きている間は
子ども(推定相続人)にとっては
あくまで「他人の財産」をめぐって
の争いですが、


現実に相続が発生してからの争いは、


「自分の財産」
をめぐっての争いになり、


熾烈さが増すのに、
おさめる人(親)がいなくなります。


相続発生前のいざこざが
裁判になることはほとんど
ないですが、


相続発生後の争いは
簡単に裁判(調停)になり、
そうなると弁護士が代理人に
ついたり・・・と
事態は深刻になります。

相続争いをするなら、
親(被相続人)が生きている
うちに


というと語弊があるかも
しれませんが、


少々揉めることがあったと
しても、


親が元気なうちに
相続のことを家族で話し合う
ことが大切です。


kazoku_kaigi (1)



もうすぐ家族が集まるお正月ですね。


ぜひ、30分でも1時間でも。

家族で相続の話をしてみて
くださいね。


それでは今日はこのへんで。





テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2015/12/16 23:50] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<相続アドバイザー今井絵美がラジオ出演☆ | ホーム | 知っておくと困らない相続○×クイズ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/465-1159690e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる