実際に多い相続の勘違い10選

みなさんこんにちは。


広島に冬将軍がやってきています…


積もるほどの雪が降るのは
年に1度あるかないか…


暖かい四国出身の私は、


雪 → 傘


という感覚がなく、


よく持って出るのを忘れます


傘を求めて、コンビニが目の前…


というときに瞬間的な猛吹雪に
襲われ、


雪だるまになりかけた今井です…



さて、昨日はとある会で
セミナー講師を務めてきました。


その名も「WASHIの会」


WASHIの会とは…


W・・・わしら・わたしらが
A・・・アメブロなどSNSを使って
S・・・世界を
H・・・広島から
I・・・イノベーション(革新)しちゃろうや!


という理念をもって

自分たちの仕事に関する
想いをブログで
発信しまくっている
熱い方たちの集まりです。


まだまだ若くて元気な方々
を目の前にお届けしたのが、


「これだけは押さえておきたい!
 相続の常識

~突然親にもしものことがあったら~」


です。



相続のご相談を数多く受けてきた
経験から、


「実際に多い勘違い10選」


を絡めつつ、


相続の基本を押さえて
もらいました。


DSC_1186.jpg 



例えば一つご紹介すると、


遺産放棄」=「相続放棄」

という勘違い。



・「要らない」といって
 事実上遺産を何も受取らなかった

・「遺産を放棄する」と書かれた
 確認書または遺産分割協議書に
 署名捺印した


これらのことをもって、


「相続放棄をした」


と考えている人が多いのですが
実は大きな間違いです。


それは、「遺産を受取りを放棄した」

かもしれませんが、


相続放棄ではありません。


相続放棄というのは、

家庭裁判所で手続きをするものです。


相続放棄が認められれば、

最初から相続人ではなかったもの、
とみなされて、

プラスの財産を受取る権利も、
借金などを支払う義務も消滅します。


一方、「遺産の受取りの放棄」をしても
相続人であるという事実は変わりません。


負債があれば相続分に応じて
支払う義務は残るのです。


思いがけず親の借金の請求が
きたときには、


「私は放棄したんだから関係ない!!」


といえればいいですが、

「遺産放棄」をしたのか、

「相続放棄」を家庭裁判所で手続きした

のか、結果に大きな違いがでてきます。


ちなみに、相続放棄ができる期限がは、

相続が発生したことを知ってから3ヶ月以内!

ご検討の際はぜひ早めに、
相続アドバイザー今井までご相談くださいね










テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2016/01/20 23:35] | 相続アドバイザーからのお知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<「KAIRO for BUSINESS」発刊♪ | ホーム | 相続、待ち受ける課税強化>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/479-bdd8e590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる