相続人に未成年の子どもがいたら
こんにちは。
相続アドバイザーブログ
月曜日担当の山口亜由美です

先週の金曜日、
相続セミナーの講師を務めました
40~60歳の男性が多い異業種交流会の
定例会で相続を考える上で必ず必要な
基礎知識とトラブル発生理由

お話してきました。

相続についてあまり考えたことのない方も
多くあったようで、後の懇親会でご感想を
お伺いしながら、お役に立てて良かった、と
思えるセミナーになりました

**********************************
セミナーの折に気が付いて
ブログにも再度書いておこうと思ったのが
今日のタイトル
相続人に未成年の子どもがいる場合の話

一般に未成年が法律行為を行う場合
法定代理人(親権者など)の同意が必要です

小学生の子どもが自分のお年玉を貯めて
ある日、一人で携帯電話店にスマートフォンを
買いに行っても買えない
、というのは
皆さんの感覚でもありますよね

では、相続の場面では?
ある男性が妻と未成年の子どもを遺して
亡くなったとします。

相続人は、妻と未成年の子ども
遺産分割協議は相続人全員で行うのですが
未成年の子どもは法律行為ができませんから
妻が子どもの代理人になればよいか、というと
これができないのです

なぜって、妻と子どもの利益が相反するから
妻が相手が自分の子どもだからと言って
自分の好き勝手にはできないのです

では、どうするのか
親権者に代わって子の代理人になる
「特別代理人」を選任するために
家庭裁判所に申立をすることになります

何か大変ですよね。

どうしたら、この事態を回避できるのか

遺言書ですよね
遺産分割協議をしなくても
遺言書通りの分割ができますからね。

遺言書は、後に相続財産となる財産を
そもそも所有していた人が、
自分の財産ですから自分の好きな勝手に
処分できます(基本的に)。

相続が始まる前と始まってからは
大違いです


ね、若いうちからの準備って必要でしょ


**********************************  
週末は久しぶりに釣り
広島西法人会の釣同好会で
釣師隊という遊漁船に乗って
朝の3:45から伊予灘の方まで

広島西法人会釣同好会 釣師隊

自分では食べきれないほどの
真アジを手に入れて
お寿司屋さんで捌いてもらって
日頃お世話になっている方にもお裾分け

いつも釣りのご指導くださる先輩諸氏に
大感謝です

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2016/06/13 14:19] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<刑事弁護ドラマ「99.9%」が相続でどんでん返し!? | ホーム | 読者から感想を頂きました☆【相続・遺言のポイント50】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/540-595ba549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる