刑事弁護ドラマ「99.9%」が相続でどんでん返し!?
みなさんこんにちは。

相続アドバイザーの今井絵美です。


今クール注目度No.1のドラマ
といえば,

嵐の松本潤さん主演の

「99.9%」

です。


弁護士ドラマ 



私も職業柄
弁護士もののドラマは気にはなる
のですが

今回は大好きな松潤が主演
ということで
視ない理由がありません



このドラマは,弁護士ものと
いっても舞台は「刑事事件」


「刑事事件の裁判有罪率は99.9%
 絶対,逆転不可能な状況の中,
 残された0.1%の可能性にこだわって 
 事実を追求する」

 
 弁護士を描いたドラマなのです。
 (ドラマ公式サイトより)
 
ところが,前回の事件は
最後に「相続」のある制度

利用した大どんでん返し
待っていました。



あらすじはこんな感じです。



ある大企業の会長が殺害され

同居して身の回りのお世話
をしていた三男の嫁
自首。

20160613-00000001-mantan-000-1-view.jpg 

この三男の嫁の刑を少しでも
軽くしてほしいと親族に雇われたのが
松潤演じる弁護士深山たち。

華麗なる一族 

本人がやった,と認めて
いるけど
深山はなにか腑に落ちない。

いろいろ調べるうちに
真犯人は別にいることを
つきとめた。

その真犯人というのが

社長である長男だった・・・。

大企業の社長が殺人という
ことになれば
会社も家族もただではすまない。


自分がやったことにすれば
すべて丸く収まる・・・
ということで三男の嫁は

自ら申し出て

罪を被った…。


居合わせたすべての

親族もそれを受け入れて

証言の口裏を合わせた。




しかし
弁護士深山が真相をあきらかにし

三男の嫁は無事釈放されて

めでたしめでたし・・・



と終わるかと思いきや・・・
最後に大どんでん返しが。


このたびなくなった

会長の相続について

考えてみましょう。


会長の奥様は
いない設定でした。
おそらくすでに亡くなって
いるのでしょう。

会長には子が3人。

法定相続人は
この子3人、ということに
なります。

しかし

この子3人は

相続する権利がありません。



え、どういうこと?


民法には「相続欠格」
という定めがあります。


法定相続人であったとしても
相続人の欠格事由にあたる場合は
相続人にはなれないのです。


欠格事由の中には


①故意に被相続人を死亡させて刑に処せられた者

②被相続人の殺害されたことを知って、これを告発
 しなかった者


が含まれます。
※そのほかにも欠格事由はあります。


つまり、

被相続人である父(会長)を殺害した
長男は①の欠格事由にあてはまります。

その殺人を隠そうとした
次男、三男は②の欠格事由に
あてはまります。


したがって子3人は
相続する権利はありません。


ただし
欠格によって相続する権利を
奪われた相続人に子がいれば
代襲相続されます。


次男には子がいましたが
犯人偽装の現場に立ち会っている
ので同じく欠格により
相続する権利がありません。


つまり


第一順位(子や孫)の相続人が
いない状態になった…



と思いきや


実は
罪をかぶろうとした

三男の嫁のお腹には
子がいたのです。



それは本人しか知りませんでした。


お腹の中の子は無事生まれてくれば
さかのぼって相続する権利をもって
いたことになります。


どういうことかというと
三男は欠格により相続する権利を
奪われましたが
その結果、

お腹の中の子が
相続人になったのです。



このケースではほかの相続人は
全員欠格によって相続権を奪われて
いるので

莫大な一族の財産を
三男の子が一人で相続する…

ということになります。


三男の嫁はそれをすべて分かった
上で罪をかぶることを提案し、
弁護士に対して真相に近づくよう
証言をし、思惑通り真犯人が
明らかになったのです。


三男の嫁 


三男の嫁のしたこと自体を
罪に問うことは難しい…


リスクを背負いながらも
結果として三男の嫁は
自分の子に莫大な遺産を
相続させることに成功したのです。


相続に熟知していると
華麗なる一族の相続争い
でこんな大技が披露できるの
ですね(笑)


そんなすごい(?)
相続欠格という制度、
当事務所の相続解説本

「相続・遺言のポイント50」
の中で詳しく解説しています。

相続本 

気になる方はぜひ
ご確認くださいね。


いかがでしたか?

ちなみにドラマ「99.9%」は
今週日曜日が最終回です。

最終回も一話完結の話のようですので
これまで見ていなくても
楽しめます。

ぜひご覧ください。

今日はこのへんで。












テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2016/06/15 23:20] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<FMちゅーピー6月のテーマは「相続・遺言」★ | ホーム | 相続人に未成年の子どもがいたら>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/541-6b9844d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる