運動会から学ぶ相続準備
 みなさんこんにちは。





お子様やお孫様をお持ちのみなさま、
運動会の季節ですね。


我が家でも先週日曜日が
娘の運動会でした。


学年ごとにテーマがあって
実は3か月も前から仕込み(?)
が始まっていました。


娘の学年は「桃太郎」


5月ころから教室に
桃太郎からの手紙が届きます。

そこには


「一緒に修行して鬼を倒そう!」


とかかれてあります。


それを見て奮起した
子どもたちは、鬼を倒すために
一生懸命障害物競争の練習に
励むのです(笑)




そして見事、運動会
当日に障害を乗り越え
鬼から宝を奪い返せたのでした。


IMG_6321.png 



運動会はただ体を動かす1日
というだけでなく


このようにストーリーがあって
3か月前から時間をかけて
準備をしていると


一層感慨深いものになります。


子どもと先生、親の
一体感も生まれました。





・ストーリー(物語)があること

・時間をかけて準備すること



相続の準備を考えるときにも
この二つは大切なポイントです。





相続は「点」ではなく「線」です。





親は相続を通して子や孫に




「何を残したいのか」


「何をつなげてほしいのか」


「どうなってほしいのか」




というストーリー(物語)を
しっかり伝えてください。




またそれは1回2回で終わり
ではありません。




少しずつ

何度も

定期的に

じっくり時間をかけて


伝えることで


家族の中で同じ思いを共有
し、一体感が生まれます。


そうなれば些細なことで
争族に発展するリスクは
抑えられます。


ぜひ、試してみてくださいね。


今日はこのへんで。



















テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2016/09/28 23:37] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<遺言書を作成するときは「遺留分」にも注意! | ホーム | 事業承継士資格取得講座☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/586-64cb2332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる