相続と生命保険

こんにちは
今日は相続アドバイザー今井絵美より相続豆知識
お届けします

週末はお天気がくずれましたが、暖かい(暑い?)日が
多くなり、夏が近づいていることを肌で感じます
↓沖縄美ら海水族館のくらげ。涼しいひと時をどうぞ~
 相続アドバイザー今井・くらげ

花粉や黄砂をあまり気にせず洗濯物が干せる季節に
なることは大変うれしいのですが、それも束の間、
きっとあれよあれよというまに入梅なんでしょうね~

さて、今日は「相続と生命保険」をテーマにお送りします

「亡くなった父が娘の私を受取人とする生命保険
をかけていた」
というケース。

さて、この生命保険受取金は、遺産分割の対象
なるでしょうか?

答えは、「NO」です。

生命保険受取金は、民法上の相続財産ではなく、受取人
固有の財産
とされています。
よって、遺産分割の対象とならず、原則、受取人が全額
受け取ることができる
のです

               
→遺産分割でお困りの方はコチラ


では、相続放棄との関係はどうでしょう。

このケースで、お父様が多額の借金の保証人になっていた
ことが判明し、相続放棄をした場合、生命保険金を
受け取る権利もなくなるのでしょうか?

答えは、これも「NO」
生命保険金は相続放棄をしても受け取ることができます

このような相続における「生命保険金」の特性を活かして、
相続発生時に想定されるさまざまなトラブルに対し、
事前に対策できる場合があります

ただし、生命保険は、年齢や健康状態によっては加入が
難しい場合や、負担が大きくなる可能性がありますので、
早めの検討がおススメです

また、上で生命保険は「民法上の」相続財産ではない、と
お伝えしましたが、税法上は「みなし相続財産」として
課税される可能性があります
ので、注意が必要です。

生命保険による相続対策、気になる方はぜひ相続アドバイザー
をご活用ください

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/05/20 23:49] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<黄金井脩さん 世界遺産 厳島神社 奉納コンサート♪ | ホーム | 相続相談のススメ方>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/59-9ce201e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる