相続税基礎控除の勘違い
 みなさんこんにちは。



今日は相続税の話題をお届けします。

※相続税についてはコチラのサイトも
 ご覧下さい →相続税とは



相続税は誰でもかかってくるものでは
なくて,
一定以上の相続財産がある場合に
課税されるものです。


この「一定以上」のライン(基礎控除額)
は以下のように計算をされます。


3000万円+600万円×法定相続人の数


つまり,
亡くなった方が 夫
相続人は 妻・子ども2人

という場合は
法定相続人が3人ということになり,


3000万円+600万円×3人

=4800万円

この金額が相続税がかかるか
かからないかを判断するラインになります。


今日はこの基礎控除に関するよくある
勘違いについてお知らせします。


上の事例の場合で,夫がこのような
遺言書を残していたとします。

「全財産を妻に相続させる」

この場合,相続人は妻だけになり
基礎控除の計算は


3000万円×600万円×1人

=3600万円

になるのでは・・・?


と考えている方が多いのですが
これは間違いです。


遺言書や遺産分割協議の結果,
一部の相続人だけが相続する
結果となっても,相続しなかった人が
「法定相続人」でなくなるわけ
ではありません。


遺言書の結果,妻一人が相続する
ことになっても
基礎控除の計算は


3000万円+600万円×3人

=4800万円

となります。


次は応用編ですが


実は「相続放棄」をした場合でも
基礎控除の計算方法は変わりません。

家庭裁判所で相続放棄の手続きをすると
民法上は相続人ではなくなりますが
基礎控除を計算する上では

「相続放棄がなかったものとして
 計算する」

と決まっているのです。


つまり,もし上記の例で
妻が相続放棄をしたとしても
やっぱり基礎控除の計算方法は

3000万円+600万円×3人

=4800万円


となり変わらないのです。

いかがでしたか?


相続税の基本的な考え方について
お知りになりたい方は
ぜひ相続アドバイザーにお問い合わせ下さいね。


今日はこのへんで。












  

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2016/11/16 23:39] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<【空き家、相続・贈与税対策セミナー】開催!! | ホーム | リバースモゲージってなんですか?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/607-4c798e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる