「成年被後見人13万人に選挙権」と家事事件手続法施行
こんにちは♪ 水曜担当の黒田文です

週末まではお天気でしたが,近畿・東海地方までは
早くも梅雨入りしましたね

昨日の所長山下のブログにもありましたが,
私も日曜にコストコへ初めて行きました♪♪

  購入したのはこのマフィン!!
COSTCO マフィン

直系10cmのマフィンが12個で838円
しっとりしていてなかなか美味しいですが,
半分でお腹いっぱいです


さて,27日に成年後見人が付いた人に
選挙権を認める改正公職選挙法
参院本会議で全会一致で可決,成立しました
 
 
NHKオンラインニュース記事はこちら
 →http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130527/k10014872231000.html



この成年後見制度を含む家事事件の手続きを
定めた家事事件手続法が今年1月1日から
施行されています。
 (家事事件とは,夫婦間の紛争や家庭に関する事件)
  
 これまで家事事件の手続きについては,
 家事審判法が定めていましたが,
 昭和22年制定以降,大きな改正がされないまま
 だったため,国民にとって利用しやすく
 現代社会に適合した家事事件手続法が
 制定されることとなりました。


2月に私も参加した広島家庭裁判所書記官による
研修会での説明事項を少し紹介すると,

 ①申立書は裁判所定型のものをできれば利用して欲しい。
  
(家庭裁判所で無料でもらえます。)

 ②申立は予約制で,広島家裁は毎週火・水・金の
  午前10時~と午後2時~

 ③申立人に関する同意書は推定相続人の範囲で
  用意してもらうことが望ましい。

成年後見制度に関するご相談,お問い合わせも
相続アドバイザーまでどうぞ

 
当事務所HPはこちら⇒http://www.hiroshima-sozoku.com/81000/


テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/05/29 11:40] | 相続の時事ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<広島銀行が相続関連業務を拡大! | ホーム | お金の基本を身につけ、老後・相続に備える>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/63-7153f34d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる