預金は遺産分割の対象か?
こんにちは。
相続アドバイザーブログ
月曜日担当の山口亜由美です。

少し、寒さが緩んできたようですね
しかし、私、バイクに乗らない日が
続いています

意識的にシフトさせている
時間の使い方に影響されて
ライフスタイルも変化するものかも
しれないですね

 ***************************************
さて、今日のお話

世間一般で当然のことのように
行われていることで
実は、法律の定めがないものって
時々あります


だから、常識的にこうだろう!と
思ってやる前には、
専門家にアドバイスを求めた方が
良い
 のですが、
ご本人が「これで良いはず」と
思い込んでいるのだから
残念ながら、事前に相談することって
なかなか無いんですよね

実は、昨年12月19日の大法廷決定で
普通預金債権等について
遺産分割の対象になると判断されたばかり。
遺産分割審判に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件

それまでは、普通預金債権等は
可分債権であって、遺産分割の対象には
ならないとされていました。

うーん、なんだか難しいですね

どういうことかと言いますと、
可分債権というのは性質上分割が可能なので
相続開始と同時に当然に法廷相続分に応じて
分割されていた
  のです。

では、なぜそれがこれまでも
遺産分割協議の対象であるかのように
一般に思われていたかというと
実務上、相続人全員が預貯金を
遺産分割の対象にすることに合意すれば
可能であったし、そうすることによって
より公平な分割が可能になるからです

先述の判例が実務と法律間の溝を
埋めたわけですが、こういった溝は
法律家でなければ見つけられないことが
ほとんど
だと思います。

ですから、このブログの読者の皆さんは
何か実現したいことがある場合には
必ず事前に専門家に相談するように
して下さいね

***************************************

さて、私の変わらぬライフスタイル

 
鳥取カニ尽くし

昨年も行った鳥取グルメツアー☆
今年も行って
お腹がはち切れんばかりに
カニを食べて参りました


テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2017/01/30 17:04] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<節税目的の養子縁組ってアリなん? | ホーム | 相続セミナーのご報告>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/639-83b04ad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる