「法定相続人」って?
こんにちは。
相続アドバイザーブログ、金曜日担当の山口亜由美です。

おかげさまでバタバタと決まった今週末からの展示会
準備にも めどが付きました。
明日、29日(土)の午後からと、 30日(日)の終日は在廊予定です。
お近くにお越しの折には、お立寄りいただければ幸いです

 山口亜由美 山下江法律事務所 コラージュ 個展

 山口亜由美 山下江法律事務所 コラージュ 個展 

さて、今年1月に開始した相続アドバイザーブログも、私の更新で、
半年続いたことになります

読者の皆さまのご支援に改めて感謝いたします

そこで、振り返ってみるに、相続問題における基本中の基本の
話が少なかったと反省して、今日は、「法定相続人」のお話を。

法定相続人
 民法(第五編 相続 第二章 相続人)で定められた相続人です。

0.配偶者は常に相続人
 被相続人(財産を相続される人)に配偶者があれば、相続人となります。

 配偶者に加えて、相続人になるのが、

1.被相続人の子ども(第一順位)
 子どもがすでに死亡していて、孫がある場合には孫が子に代わって
相続人となります(代襲相続)。

2.被相続人の直系尊属(第二順位)
 第一順位で相続人となるべき者がいない場合に、被相続人の
祖父母など直系尊属が相続人となります。
※「なるべき者がいない」というのには、現に生存していない場合だけ
でなく、第一順の者が「相続放棄」をしたような場合も含まれます

3.被相続人の兄弟姉妹(第三順位)
 第二順位でも相続人となるべきものがいない場合は、被相続人の
兄弟姉妹が相続人になります。

 民法で定められている相続人は以上です。

 
山下江法律事務所の相続専門サイトにも説明がありますから、
ご参考になさってくださいね。
 ここには、もっと詳しく知りたい方のために、マイベストプロ広島
のコラム
へのリンクもあります。


 それでは、皆さま、今週も楽しい週末をお過ごしください! 

 

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/06/28 10:13] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<家計簿、つけてます? | ホーム | 第4回はなまる♪エンディング実行委員会★ご報告>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/77-5e7fa4a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる