【続】相続放棄の注意点~財産の処分~

 こんにちは

相続アドバイザーの今井絵美です

先々週のブログで、相続放棄の注意点について触れました。
今日も少し掘り下げます


裁判所の統計によると、平成23年の相続放棄受理件数は、
166,463件。10年前と比べて35%、約4万件増

一般には負の財産を引き継がないための手続き
なので、あまり明るい話題とはいえませんが、
万が一のときに、あなたやご家族を守る大切な手段です
ので、ぜひしっかり押さえておいてくださいね


おさらいですが、相続放棄の注意点は3つ。

(その1)
「放棄する」と宣言するだけじゃダメ。家庭裁判所での手続きが必要。

(その2)
手続きできる期間は短い!相続開始を知ってから3ヶ月以内。

(その3)
相続財産(プラスもマイナスも)に手をつけないこと。


今日はに注目

相続財産に手をつけてしまうと、「相続財産の処分」にあたり、
「単純承認」したとみなされて相続放棄ができなくなる可能性がある、
と前回説明しました。

では、具体的にどのような行為が「処分」なのでしょうか?
判例では以下のようなケースがNGとされました。

 高価な美術品や衣類の形見分けをした 
 被相続人の借金返済に充てるため、被相続人名義の不動産を譲渡した
 被相続人が受け取るべき金銭を取り立てて受領した

反対に、「処分に当たらない」とされたのが、

 軽微な慣習上の形見分け
 葬式費用としての支出
 相続人が受取人の生命保険金の受領

などです。

その他、財産を隠したり消費したり知っていながらわざと
相続財産の目録に記載しなかったり
すると、相続放棄をした
でも
、単純承認したものとみなされ、負の財産も相続してしまいます。

どうでしょうか、イメージできましたか?

何か心配事があればご相談くださいね。


さて、夏本番。暑いのも深刻な問題ですが、今日のような夕立も
本当に困る… 洗濯物は全滅でした

最近、娘が色気づいてきたのか、頭に何かつけてあげると
鏡を見てとってもよろこびます

でも、これはちょっと違うでしょうか…

相続アドバイザー今井・娘ほっかむり

今週も、暑さとうまく付き合いながらほどほどにがんばりましょう

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

[2013/08/05 23:50] | 相続豆知識 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<RCCラジオ「本名正憲のおはようラジオ」に出演させていただきます!! | ホーム | 相続の流れ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://783409.blog.fc2.com/tb.php/93-6cd968fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山下江法律事務所の相続アドバイザーと学ぶ ♪はなまるエンディングプラン


山下江法律事務所【広島弁護士会所属】で活躍する相続アドバイザー【NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員】2名と、相続やエンディングプランについて学びながら、人生の質(QOL)をどんどん向上させましょう。

プロフィール

山下江法律事務所相続アドバイザー

Author:山下江法律事務所相続アドバイザー
 NPO法人相続アドバイザー協議会®で40時間の研修を修了した同法人認定会員の相続アドバイザーです。
 相続問題はある日突然、誰にでも起こります。大事な人を失った悲しみの最中、何から始めれば良いのかわからない、といった状況に陥る方が少しでも減るよう、広島で活動していきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる